歌川国芳 「平清盛」 天保9-12年 | 【西天満竹井】
>
>
歌川国芳 「平清盛」 天保9-12年
歌川国芳 「平清盛」 天保9-12年
歌川国芳 「平清盛」 天保9-12年
¥75,000 JPY
【作家】 歌川国芳 Utagawa Kuniyoshi
【時代】天保9-12年(1938-1841年)年
【技法】木版
【状態】 裁ち・少穴・シワ
【サイズ】 約250mm×370mm
【備考・解説】
「平忠盛」と「油坊主」の話は、元は『平家物語 巻第六』「祇園女御」に語られていて、白河上皇と忠盛との緊密な関係を示す逸話として知られています。そして、同時に多くの絵師が描く古典的画題でもあります。  平忠盛は、父親の代から白河院に仕え、平清盛の父と言った方が判りやすいかもしれません。『平家物語』に紹介される話によると、白河院には祇園社(現在の八坂神社)の近くに祇園女御という側室がおり、ある雨の降る夜、院が祇園社の境内を通ると、青白く光るものがあり、院は鬼か、怪物かと思い、御供の忠盛に斬るように命じました。ところが、忠盛が斬らずに正体を確かめると、社の灯籠の灯に油を注いで歩く承仕法師(じょうじぼうし)でした。この坊主の被っていた藁笠に灯籠の灯が映えて、青白く光って見えただけのことでした。